鳥取県でいちご狩り‼いちごの食べ放題や収穫体験が楽しめる観光農園6選

image1

日本海側の降雪地帯は、どの県でもいちご観光農園が少ない状況ですが、鳥取県はいちご狩りができる農園がいくつかあります。冬の間山陰地方は日照時間も少なくなり、低温の日が続きます。そのため、太平洋側のいちご栽培と比べると、成長に2倍近い時間がかかるそうです。じっくりと時間をかけて成長し熟成したいちごが食べられる鳥取県でいちご狩りが楽しめる農園を紹介します!

スポンサーリンク

小林農園

鳥取県湯梨浜町原宮田1074-1
いちご狩り期間:3〜5月
営業時間:8:00〜16:00 要予約
料金:30分 食べ放題
小学生以上2,000円、3歳〜小学生以下1,000円

元来肥料屋だったいちご農園。肥料を販売する会社である『鳥取新有機販売』が水、土、環境にこだわる「わかば農法」を確立20年前から小林農園として「わかば農法いちご」「ほしいも甘みつ姫」を販売してます。栽培する土からこだわり抜き、摘果して大粒のいちごを栽培しています。高設栽培です。

いちごの種類

あきひめ


松山農園

鳥取県湯梨浜町原870
いちご狩り期間:3月中旬〜6月
営業時間:10:00〜16:00 要予約
料金:30分 食べ放題 2,000円

土からこだわる「わかは農法」で少量の土で育ち、腰の高さで収穫ができるという高設型栽培。立ったままいちご狩りが楽しめます。小型犬用ドッグランも併設してあります(利用は自己責任)。

いちごの種類

あきひめ


苺工房 たけうち

鳥取県鳥取市六反田197-1
いちご狩り期間:3月末〜6月中旬
営業時間:9:00〜16:00 要予約
料金:30分 食べ放題
小学生以上2,000円、3歳〜小学生以下1,000円
     3歳未満のお子様は、付き添いの大人一人につき
     子ども一人分を大人料金に含む。

厳選した肥料のみを使用したわかば農法でいちごを栽培しています。100%有機肥料で安心安全です。高設栽培なので立ったままいちご狩りがたのしめます。

いちごの種類

あきひめ


浜根農園

鳥取県東伯郡北栄町松神897
いちご狩り期間:2月〜6月中旬 2016年度は休園 要確認
営業時間:10:00〜17:00 要予約
料金:食べ放題
中学生以上2,000円、小学生1,500円、3歳以上幼児800円

あったかいビニールハウスの中で無農薬でこだわりの自家製有機質肥料

(ぼかし)を使っていちごを栽培。リース作りにチャレンジしたり、石焼いもを味わったりもできます。ナイター営業もしています。

いちごの種類

要問い合わせ


米村農園

鳥取県岩美郡岩美町宇治1044
いちご狩り期間:11月中旬〜3月下旬、4月上旬〜5月下旬
営業時間:9:00〜17:00 要予約
料金:30分 食べ放題 3歳未満 無料
11月中旬〜 3月下旬:
中学生以上2,500円、小学生2,000円、3歳以上幼児1,200円
4月上旬〜5月下旬:
中学生以上1,500円、小学生800円、3歳以上幼児400円

土に上質な有機物やバクテリア、酵素をプラスするなど土壌づくりにこだわっていちごを栽培しています。減農薬栽培で日々の栽培管理や品質管理にも細心の注意を払っています。 

いちごの種類

あきひめ


タクマ農園

鳥取県北栄町
いちご狩り期間:12月〜6月上旬
営業時間:問い合わせ 要予約
料金:30分 食べ放題
小学生以上2,000円、小学生以下1,000円
3月下旬〜 レディースデイあり

「わかば農法」で安全で美味しい農作物を栽培しています。「わかば農法」は上質な有機物にバクテリアや酵素をプラスすることにより、土壌を生き返らせ、安全で病気に強い植物を作る農法です。高設栽培です。

いちごの種類

あきひめ、紅ほっぺ

味覚狩りを実施されている農園様の広告を募集しています 
家に居ながら四季を楽しむ方法とは?
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク