新潟県でさくらんぼ狩り‼食べ放題や収穫体験が楽しめる果樹園4選

新潟県ののさくらんぼ(桜桃)栽培は、明治初期に新発田市で始まりました。現在、県内最大の産地は聖籠町で、県産の生産量の9割近くを占めています。早いものは5月中下旬から出回りますが、6月上旬から聖籠町を中心に本格的に出荷され6月末にはほぼ出荷を終えます。甘みの強い「佐藤錦」、果肉の柔らかい「高砂」、少し甘酸っぱい「ナポレオン」と順に出荷され、それぞれの違った味を楽しむことができます。新潟県でさくらんぼ狩りが楽しめる農園を紹介しましょう!

スポンサーリンク

さくらんぼ・ぶどう・梨-果樹の里 聖籠町(せいろうまち)

新潟県北蒲原郡聖籠町諏訪山1635-4
さくらんぼ狩り期間:5月下旬~6月下旬
営業時間:9:00~17:00
料金:入園料/一人1,000円 さくらんぼ1カップ(約200g) 食べ放題ではありません

聖籠町の魅力は何といっても豊富なくだもの。初夏から秋にかけて、さくらんぼや梨、ぶどうなどの摘みとりができ、その場で食べられる観光農園が人気です。さくらんぼは県内生産量の約90%を占め第一位です。

さくらんぼの種類

香夏錦・高砂・佐藤錦・紅秀峰・ナポレオンなど


天野さくらんぼ狩り園

新潟県北蒲原郡聖籠町二本松1883
さくらんぼ狩り期間:6月10日頃~7月上旬
営業時間:9:00~16:00
料金:体験コース 1,500円 30分以内 果樹品種指定あり(香夏錦など)
ミニミニカップお土産付
フリーパス食べ放題 3,500円 時間・果樹指定なし(佐藤錦含む)
大カップ(約200g)のお土産付

県内で温室での栽培を最初に始めたさくらんぼ農園。新潟県聖籠町にあり、香夏錦、佐藤錦、ナポレオンなど様々なさくらんぼ狩り、食べ放題ができます。平成29年度は露地栽培のみになります。

さくらんぼの種類

紅さやか、香夏錦、佐藤錦、ナポレオン、南洋、紅秀峰、さくら姫、紅夢鷹、初夏の香、紅香、紅豊


まるはん伊藤農園

新潟県北蒲原郡聖籠町二本松2259
さくらんぼ狩り期間:5月下旬~6月下旬
営業時間:9:00~17:00
料金:入園料/一人1,000円 さくらんぼ1カップ(約200g) 食べ放題ではありません

エコ認定農家として有機栽培にこだわってさくらんぼを栽培しています。さくらんぼ以外にぶどう、お米も栽培しています。

さくらんぼの種類

香夏錦・高砂・佐藤錦・紅秀峰・ナポレオンなど


フルーツランド 白根グレープガーデン

新潟県新潟市南区鷲ノ木新田573
さくらんぼ狩り期間:6月上旬~7月上旬
営業時間:10:00~17:00
料金:30分食べ放題 1パックお土産付き
    小学生以上2,160円、4歳以上1,944円、3歳以下540円(食べ放題のみ)

一年を通して苺や葡萄、桃などの多種多彩なフルーツ狩りを楽しめる施設です。さくらんぼは小さいお子様でも手の届く樹の作りなので、家族そろってさくらんぼ狩りが楽しめます。フルーツ狩り以外にフルーツピザ作り体験や、ヤギやウサギたちと遊べる「ふれあい広場」などもあります。また、8〜11月の期間限定ながらぶどう棚の下でバーベキューを楽しめます。富士山の溶岩からできたプレートで焼く「溶岩焼きバーベキュー」はここの名物。溶岩の遠赤外線効果で、肉・野菜がヘルシーに焼けて味も一級品です。

さくらんぼの種類

紅さやか、香夏錦、佐藤錦、ナポレオン、紅秀峰、花笠錦、山形美人

味覚狩りを実施されている農園様の広告を募集しています 
家に居ながら四季を楽しむ方法とは?
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク