奈良県でいちご狩りを楽しもう‼いちごの食べ放題ができる観光農園5選

image1

奈良県を代表する作物のひとつがいちご。なかでも「アスカルビー」は奈良県産のいちごの生産量の半数を占めます。また近年ではオリジナル新品種の「古都華(ことか)」も注目を浴びています。観光地でも有名な奈良県でいちご狩りが楽しめる農園を紹介します!

スポンサーリンク

針テラス ベリーファーム

奈良県奈良市針町385
いちご狩り期間:1月2日〜6月下旬
営業時間:10:00~16:00(最終入園15:30)
         4~6月の土・日・祝は10:00~17:00(最終入園16:00)
料金:30分 食べ放題 要予約
1~5月:大人1,700円、小人(4歳~小学生)1,500円、幼児(3歳以下)300円
6月:大人1,600円、小人1,400円、幼児300円

いちご園の規模としては関西最大級。高設土耕システムの3000平方メートルの大きなハウスと、立体7段式水耕システムの1000平方メートルのハウスがあります。。園内はバリアフリー。車いす、ベビーカーでの入園可能です。

いちごの種類

とちおとめ、あすかルビー、あきひめ


農業公園信貴山のどか村

奈良県生駒郡三郷町信貴南畑1-7-1
いちご狩り期間:1月上旬〜6月上旬
営業時間:9:30~16:00、3月以降9:30~17:00
料金:30分 食べ放題
中学生以上1,300円、小人(小学生)1,000円、幼児(3~6歳)500円、乳児(1・2歳)200円
要別途 入園料(~2月末:大人300円、小人100円。3月~:大人600円、小人350円)

信貴山のふもとにあるエコファーマー認定農業公園。バーベキュー、レストラン、体験教室、アスレチック、グラススキー等、一日ゆっくりと自然の中で遊べます。

高設栽培でいちごを育ててます。

いちごの種類

あすかルビー、古都華、あきひめ


下村ベリー園

奈良県五條市木ノ原町989-8
いちご狩り期間:1月中旬〜5月下旬
営業時間:10:00~16:00 最終入園15:30 要予約
料金;30分 食べ放題
中学生以上1,600円、子供(小学生)1,300円、幼児(3~5歳)800円、3歳未満無料

安全・安心にこだわっていちごを育ててますいちご以外位手作りジャムも販売。。減農薬で生産した新鮮ないちごをたっぷり使用したいちご農園だからこそできる贅沢なホームメイドのジャムです。保存料・添加物等を一切使用せずレモン・グラニュー糖のみでつくってます。

いちごの種類

あすかルビー、古都華、やよいひめ


あすかいちご狩りパーク

奈良県高市郡明日香村
いちご狩り期間:1月中旬〜5月下旬
営業時間:10:00~16:00(最終入園15:30)
料金:30分 食べ放題 要予約
開園~5月上旬:大人(中学生以上)1,500円、小人(小学生)1,200円、幼児(3歳以上)800円
5月上旬~閉園:大人1,100円、小人900円、幼児600円

あすかルビーが村内14ヶ所の農園でいちご食べ放題。適度な温度に保たれたハウスの中は高設栽培なので、立ったままでいちご狩りが楽しめます。

いちごの種類

あすかルビー


あだみね高原ファーム

奈良県五條市大野新田町243
いちご狩り期間:1月〜5月
営業時間:10:00〜16:00 要予約
料金:50分 食べ放題
中学生以上1,700円、小学生1,400円、3歳以上小学生未満 700円

バリアフリーなので、車椅子・ベビーカーでもいちご狩りが楽しめます。園内には大きな木製遊具(いちご狩り利用の方は無料)や、フットサル場もあります。

沢山の木々に囲まれてのバーベキューも楽しめます。(バーベキューは別料金)食材持ち込み可能。しいたけときくらげの栽培もしています

いちごの種類

あきひめ

味覚狩りを実施されている農園様の広告を募集しています 
家に居ながら四季を楽しむ方法とは?
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク