岐阜県でいちご狩りを楽しもう‼いちごの食べ放題が楽しめる観光農園5選

image1

岐阜県では、平坦部を中心にいちごを栽培。岐阜県ブランドいちご「濃姫」と「美濃娘」があります。最近では一粒5万円のいちご、岐阜県で生産されている「美人姫」という名前の高級いちごが注目を浴びています。観光地でも有名な岐阜県でいちご狩りが楽しめる農園を紹介します。

スポンサーリンク

ふるさと農園美の関

岐阜県関市大杉567-10
いちご狩り期間:1月上旬〜6月下旬
営業時間:10:00~15:30(受付~15:00) 要予約
料金:30分 食べ放題
 開園~4月上旬:平日 大人1,600円、小学生1,300円、幼児500円
                         土日祝 大人1,700円、小学生1,400円
 4月上旬~5月上旬:平日 大人1,500円、小学生1,300円、幼児500円
                              土日祝 大人1,600円、小学生1,500円
 5月上旬7~6月下旬:平日 大人1,100円、小学生800円、幼児400円
                                土日祝 大人1,400円、小学生900円

6万坪という大きな農園に、 いちご、ブルーベリー、トウモロコシ、トマトなど たくさんの野菜や果物を栽培しています。 他にも動物たちとふれあえる広場もあります。いちごは立ったまま摘み取ることができるので、子供から年配の方までみんなで楽しめます。

いちごの種類

あきひめ


馥郁農園

岐阜県恵那市武並町竹折
いちご狩り期間:12月上旬 ~ 6月下旬
営業時間:9:00~17:00 要予約
料金:30分 食べ放題 3歳以下無料
開園~5月上旬: 大人1,600円、4歳~10歳1,000円
5月上旬〜終了:大人1,000円、4歳〜10歳 600円。

あきひめと紅ほっぺ、2つの品種を一度に食べ比べできるいちご農園。。ハウス内は高設栽培を採用していて広々としたスペース。車イスやベビーカーでも楽にいちご狩りが楽しめます。

いちごの種類

紅ほっぺ、あきひめ


つみつみいちごファーム

岐阜県本巣市曽井中島974-1
いちご狩り期間:12月上旬~ 6月上旬
営業時間:9:00〜16:00要予約
料金:30分 食べ放題
          季節や生育状況により変動があるため要問合せ

岐阜県でしか栽培されていない、県のブランドいちご「のうひめ」の食べ放題ができる農園。減農薬栽培です。岐阜県外にはあまり流通してない貴重ないちごです。他にトマトの摘み取りもできます。

いちごの種類

のうひめ


廿原ええのお

岐阜県多治見市廿原町251-1
いちご狩り期間:12月上旬〜5月中旬
営業時間:9:00〜16:00 要予約
料金:30分 食べ放題
開園~5月上旬:大人1,700円、小学生1,200円、幼児(4歳〜小学生未満)1,000円
5月上旬〜閉園:大人1,200円、小学生900円、幼児(4歳〜小学生未満)700円

緑豊かな里山に囲まれたいちご農園。周辺農家が株主となっている有限会社が運営しています。低農薬、低化学肥料にこだわっていちごを高設栽培。車イスでも入園できます。

いちごの種類

あきひめ


やまがたいちご楽園 雅

岐阜県山県市小倉755-2
いちご狩り期間:12月 ~ 5月
営業時間:10:00~16:00(最終受付15:00)  要予約
料金:30分 食べ放題 2歳以下無料
          開園~3月: 大人1800円、小学生1,500円、4歳以上1,200円
         4月以降料金変更あり

日本国内400軒以上のいちご農家を支援する肥料メーカーが運営するいちご農園。最大で3品種の食べ比べができます(生育状況による)。

いちごの種類

あきひめ、かおりの、紅

味覚狩りを実施されている農園様の広告を募集しています 
家に居ながら四季を楽しむ方法とは?
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク