青森県でいちご狩りを楽しもう‼いちごの食べ放題ができる観光農園6選

青森県では、夏冷涼な気候を利用した夏秋どりのいちご栽培には適しており、県では産地化を推進しています。県内最大のいちご産地である八戸市は、夏季冷涼な気候で、冬でも日照時間が長く、いちご栽培に適した地域と言われています。。ただ、夏秋どりのいちごは、主に洋菓子業界への業務用が主になっています。日本の本州最北端に位置する青森県でいちご狩りが楽しめる農園を紹介します!

スポンサーリンク

泉清水いちご観光農園

青森県八戸市南郷大字大森字方平山7-13
問合せ 0178-82-2881
いちご狩り期間:1月上旬〜5月下旬
営業時間:9:00~16:00 要予約
料金:60分 食べ放題
中学生以上1,500円、小学生1,300円、幼児700円 3才未満無料(保護者同伴)

果樹の里としても知られる八戸市南郷区では、県内最大の収穫量を誇るブルーベリーをはじめ、さくらんぼ、りんご、いちご、ラベンダー、ブルーベリー、などの収穫体験を楽しむことができます。

いちごの種類

とちおとめ


アグリの里おいらせ「観光イチゴ園」

青森県上北郡おいらせ町向山東2-2-1684
いちご狩り期間:通年
営業時間:10:30~15:00 要予約
料金:30分 食べ放題
大人1,500円、小人1,000円、幼児無料(時期により変更あり、要問合せ)

青森県最大級の観光いちご園。夏いちごと冬いちごを栽培し、1年中いちご狩りが楽しめます。通路が広く、高設栽培のため、車いすでいちごの摘み取りも出来ます。県南地区の出品農家さんが中心となった採れたての新鮮な野菜や特産品などを直売もあります。天然温泉足湯、国産バナナで人気の熱帯果樹園やビュッフェスタイルレストランを併設しています。

いちごの種類

とちおとめ、さちのか、サマールビー


ベリーズ司園

青森県三戸郡南部町法光寺字梨ノ木平8
いちご狩り期間:2月上旬〜6月下旬
営業時間:10:00~16:00 要予約
料金:40分 食べ放題
大人(中学生以上)1,500円、小学生1,000円、満3歳以上500円、3歳未満無料

青森県南部町で有機栽培にこだわり、おいしいさくらんぼ、いちごを育てています。いちごは高設栽培なので、立ったまま摘み取りできます。バリアフリー対応トイレや、バリアフリー専用いちご狩りレーンもあります。

いちごの種類

とちおとめ


森の中の果樹園

青森県弘前市大字十面沢字轡426
いちご狩り期間:4月下旬〜6月下旬
営業時間:9:00~17:00 要予約
料金:40分 食べ放題  3歳未満無料
4月下旬~5月下旬:大人(中学生以上)1,500円、小学生1,000円、幼児700円。
5月下旬~6下旬:大人(中学生以上)1,200円、小学生800円、幼児500円。

2010年春に青森県弘前市にオープンしたいちご農園。鉄骨ハウス、パイプハウス、露地畑の3種類の場所で、いちごを栽培しています。広々とした敷地内では、いちご狩りの他にも季節によって、さくらんぼ狩り、ハスカップ狩り、ラベンダー摘み、グミ狩りなど、様々な体験ができます。

いちごの種類

さちのか、デコルージュなど


ヒカリ農園

青森県弘前市堀越字宮本38-2
いちご狩り期間:4月下旬〜5月上旬 土日祝日開催
営業時間:13:10~ 要予約
料金:30分  食べ放題
大人 1,500円 子供 1,200円 (小・中学生) 幼児(3歳以上) 500円

青森県特産の「りんご」と、北国で収穫される「いちご」を仲間達と一緒に生産から販売までおこなっている農園です。有機肥料、減農薬栽培でいちごを育てています。

いちごの種類

とちおとめ、紅ほっぺ


津軽夢りんごファーム

青森県弘前市下湯口字村元19(本社)
ゆめりんごPATISSERIE :青森県弘前市悪戸字芦野156-1
観光農園:青森県弘前市小沢字山崎44-4
いちご狩り期間:6月上旬~
営業時間:10:00〜16:00 要予約
料金:大人700円 4歳~12歳500円、3歳以下無料

津軽ゆめりんごファームの果物狩りは「いちご狩り」から始まります。夏はさくらんぼ、もも、ブルーベリー、秋はりんごと果物狩りが楽しめます。いちごは露地栽培です。

いちごの種類

問合せ

味覚狩りを実施されている農園様の広告を募集しています 
家に居ながら四季を楽しむ方法とは?
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク